イベント情報

「持続的森林管理及びREDD+に向けた国家森林モニタリングシステム整備のための人材育成」研修成果発表会

途上国における森林減少・劣化に伴う二酸化炭素排出の削減が求められるなか、国家レベルで森林の変化を把握する国家森林モニタリングシステムの整備が必要不可欠となっています。しかし、途上国ではその整備に関する技術や人材が不足し、調査、分析、報告等の体制が未整備な状況にあります。
このような状況をうけ、国際協力機構(JICA)は「持続的森林管理及びREDD+に向けた国家森林モニタリングシステム整備のための人材育成」コースを設置して、途上国において国家森林モニタリングシステムの整備を担う人材を対象とした研修を実施しました。
この研修の成果発表会を7月30日に一般公開で実施します。成果発表会では、各国の研修参加者が自国の森林モニタリングシステム整備に関するアクションプランを発表します。
途上国の持続的森林管理の現状やREDD+のための森林モニタリングシステムにご関心をお持ちの皆様の成果発表会への参加をお待ちしております。

日時:2015年7月30日(木)10:00〜16:00
場所:JICA東京 (セミナールーム411)
東京都渋谷区西原2-49-5
(京王線幡ヶ谷駅・南口より徒歩8分、地下鉄千代田線代々木上原駅・西口より徒歩12分)
プログラム(発表順):
10:00~ 開会挨拶、趣旨説明、①カンボジア、②ミャンマー
11:15~ ③インドネシア、④ケニア、⑤パプアニューギニア、⑥ボツワナ
12:15~13:00 昼食
13:00~ ⑦モザンビーク、⑧コンゴ民主共和国、⑨ペルー
14:05~ ⑩ブラジル、⑪パナマ、⑫マラウイ
15:05~ とりまとめ、閉会挨拶
※一部のみの参加も歓迎します (質疑を含め20分/国を予定)
定員:50名(先着順)
言語:英語
申込:下記URLより、お申込みください
https://business.form-mailer.jp/fms/19c5af7744987
参加料:無料

▲ TOP