2018年第1回ビジネスモデル分科会
開催報告

日時:2018年2月23日(金)10:30-12:00
会場:JICA市ヶ谷ビル 2F国際会議場

「森から世界を変えるREDD+プラットフォーム」ビジネスモデル分科会は、民間企業がREDD+に参画するインセンティブの明確化や具体的なビジネスモデルについて検討を重ねています。2018年初回であるこの度の会合では、まず、昨今のREDD+をめぐる状況において外すことのできない国際基金の最新動向について紹介しました。続いて、インドネシアでの具体的な事例を基に泥炭回復貢献ビジネスによる共有価値の創造(CSV)の可能性について発表を行いました。最後に、ビジネスモデルの具現化に向けて、今後の同分科会が取り上げるべきテーマについて参加者の皆様と意見交換を行いました。

発表資料は以下よりダウンロードいただけます。

2018年 第1回分科会 会合の開催趣旨について / 三菱UFJリサーチ & コンサルティング株式会社

REDD+に関する国際基金の最新動向と民間参画の可能性 / 三菱UFJリサーチ & コンサルティング株式会社

泥炭回復貢献ビジネスによる共有価値の創造(CSV)の可能性 / 一般社団法人日本森林技術協会、日本工営株式会社

今後の分科会テーマについて / 三菱UFJリサーチ & コンサルティング株式会社

イベント情報 一覧へ