REDD+国際シンポジウム
REDD+の実施に向けた日本の貢献

~途上国のグリーン経済開発に向けた日本の民間企業の役割~

イベント概要

REDD+プラットフォームでは、7月15日(金)に、国際シンポジウム「REDD+の実施に向けた日本の貢献」を行います。 東南アジア諸国のREDD+の実施状況と今後の課題、さらに日本の官民が果たしうる役割について、東南アジア諸国、日本の官民のステークホルダーをお招きして、理解を深めるためのイベントです。 みなさまのご参加をお待ちしております。

目的:
東南アジア諸国のREDD+の実施状況や今後の課題、我が国の官民が果たし得る役割について、東南アジア諸国の参加者・日本の官民のステークホルダー間において、理解を深める。
日時:
2016年7月15日(金)午前9時30分~午後4時30分
場所:
国連大学 ウ・タント国際会議場
主催:
環境省、JICA、(研)森林総合研究所、「森から世界を変えるREDD+プラットフォーム」
参加者:
東南アジア5か国REDD+関係部局、GCF事務局、本邦関係省庁、REDD+プラットフォーム加盟団体ほか
申込締切:
2016年7月11日(月) ※7月11日以降、ご参加をご希望される方は事務局までご連絡ください。

プログラム(予定)

1部

09:30~09:40 主催者代表挨拶 梶原成元氏(環境省地球環境審議官)
09:40~10:40 我が国の貢献策(1)
1. 竹本明生氏(環境省研究調査室長)
2. 宍戸健一氏(JICA地球環境部森林・自然環境グループ審議役兼次長)
3. 松本光朗氏(森林総合研究所北海道支所長)
10:40~11:00 コーヒーブレイク@レセプションホール
11:00~11:30 我が国の貢献策(2)
日本の民間企業の取り組み ~グリーン経済開発に貢献するREDD+ビジネスモデル
1. ラオス国ルアンパバーン県における事例(天野正博氏/学校法人早稲田大学教授)
2. インドネシア国ボアレモ県における事例(矢崎慎介氏/兼松株式会社鉄鋼・素材・プラント統括室)
11:30~12:00 緑の気候基金(GCF)の現状と今後の展開〜民間企業の参画について
1. Mr. Juan Chang(GCF事務局)(TV会議参加)

2部

13:00~14:30 各国のREDD+実施上の課題
1. Ms. Novia Widyaningtyas(インドネシア環境林業省気候変動緩和局REDD+課長)
2. Dr. Kinnalone Phommasack(ラオス農業林業省林業局REDD+室長)
3. カンボジア(調整中)
4. Ms. Nguyan Thi Thu Thuy(ベトナム農業農村開発省林業総局REDD+室長)
5. Dr. Thaung Naing Oo(ミャンマー環境保全林業省森林局森林研究所長)
6. タイ(調整中)
14:30~15:00 コーヒーブレイク@レセプションホール
15:00~16:20 パネルディスカッション「グリーン経済開発にみるREDD+実施と日本の官民の貢献」
モデレーター:松本光朗氏(森林総合研究所北海道支所長)
1. カンボジア(調整中)
2. Ms. Nguyan Thi Thu Thuy(ベドナム農業農村開発省林業総局REDD+室長)
3. Mr. Juan Chang(GCF事務局)(TV会議参加)
4. 天野正博氏(学校法人早稲田大学教授)
5. 矢崎慎介氏(兼松株式会社鉄鋼・素材・プラント統括室)
6. 竹本明生氏(環境省研究調査室長)
7. 宍戸健一氏(JICA地球環境部森林・自然環境グループ審議役兼次長)
16:20~16:30 閉会挨拶 松本光朗氏(森林総合研究所北海道支所長)

イベント登録は終了いたしました。

▲ TOP